2018年2月6日火曜日

私服☆


ずっと買おうか迷っていたニット帽をSALEでゲット


早速かぶってみた(^^♪

買ったものはすぐに着るタイプw




ニット帽:Charlotte Simone
アウター:Edition
トップス:Vince
デニム:Jbrand
シューズ:Gucci



基本ベーシックな色に差し色を使うのが好き
今回だと黒がベーシックカラーでニット帽の青が差し色
私のランスタイルもそんな感じ(#^.^#)♡


最近思っているのは服は最小限に押さえて季節ごとに数着増やすだけのシンプルなワードローブにしたいということ
着なくなった服や靴はあげるか売るかしないとクローゼットがパンパンでもう入らない((+_+))



みんなどうしてるんやろ?
なんて最近の気になることw


2018年2月4日日曜日

France 2


豪華な3日間を過ごしたあと、Parisから電車(日本の新幹線みたいなやつ)に乗って4時間半、
タクシーで30分、のChampany(シャンパニー)という村にスキーをしに行ってきた


人生で2回目のスキー(本当は3回目だけど、初回は長野で2時間なのでカウントしてない)
友達はみんなハイレベルだから私だけ午前中はスキー教室に入って、午後から友達と合流して一緒にスキーを夕暮れまで楽しんだ
スキー三昧で贅沢~っって思えるけど、実は結構ハード
何度か心が折れそうになったし、朝9~16時までのスキーに仕事をしているような感覚にもなったw



とある日なんて雪と風がすごくてリフトも止まってしまうぐらいだったのに
それでもスキー教室があったのにはびっくりした


内心、今日はスキー教室は中止だな しめしめって思ってたのに←何しに来てるw
ゴーグルしてもあまりの雪と風に前の人は見えない


どんだけ過酷な教室やこれ(==;)


でもそのかいあってか、だいぶ上達してスキー場からトレイルで麓まで滑れるようになった
今年も青あざを作ったけど幸せ♡♡




そして何よりのここでのニュースは
同じ日本人の女性に出会えたこと
Champanyに滞在して数日が経った時、ホテルのオーナーが日本人の女性が今日から1人で泊まってるよ
って教えてくれた

え!?女性ひとり??こんな山奥に?

絶対おもしろい人やん!その人


って思って次の日に見かけたら絶対声をかけようと心に決めててんw

で会ってびっくり
勝手にスポーツ大好き女子をイメージしてたけど実際に会ったのは
トシ子さん(推定70代)だった


開口一番、どうしてChampanyを選んだんですか?って聞いちゃったよ
だってフランスでもみんなが知っているような村ではないし小さなスキー場だったから

それからトシ子さんの答えにもびっくりした

うん、間違えちゃってねー
本当は●●(聞いたけどどこか忘れた)に行こうと思ってバスに乗ったのにここに着いたのよー


ってwww


どんだけ間違えたんやろw




日本に住んでるトシ子さんはなんでもイギリスのスキークラブに所属していて毎年スキーをEU圏で楽しんでいるらしい
友達も誘うけど誰ひとりとして来ないってwうん、何となくなんでか分かるww


それから毎朝、食堂で会ってトシ子さんとは仲良よくなった
私が帰る日にも電話番号をくれて日本に帰ったら是非連絡してきてとも言ってくれた
ちなみにトシ子さんは神奈川県に住んでいる

遊びに行きます♡






スキーを思いっきり楽しんだ後は、ひとりでParisに戻り2泊ほどしてから東京に帰った
この2泊も当初は一人でブラブラする予定だったのに、またまた友達の好意でディナーやParis市内と市外を車で案内してもらってもう本当に最高の滞在になった


旅する度に、人の温かさに感謝することが増えたな
一人で旅する時もきっと周りの誰かに支えられてるね
って一人旅したことないけどさw



みなさまも機会があったら旅は是非!
本当に色々な経験が出来るし、たくさんの人にも出会える



今回もありがとうFrance
今度はどこに行こうかなー






2018年1月31日水曜日

France 1



年末年始に今年もFranceに行ってきた!

夢のFrance!しかもParis!
訪れたのは数年ぶりでクリスマスシーズンは初めて
テンションあがるわー





って実際のクリスマスのParisは日本の少し豪華版って感じでお祭りみたいに祝っている
感じではなかったんやけどね。多分期待値高すぎたw
イルミネーションはキレイでもちろん行く価値はありだけど
特にシャンゼリゼ通りとヴァンドーム広場




今回の目的はあくまでスキーやったんやけど、スキーで山に籠もる前にParisで過ごす日が3日ほどあって
一人ぶらぶらするつもりが友達の好意で毎晩ホームパーティーなるものに呼んでもらった

普通のホームパーティーと思ってたんやけど、行ってびっくり
1件目の家200㎡、2軒目300㎡、最後はなんと400㎡以上あったw床にお手伝いさんを呼ぶベルついてたよw
しかも全部一等地でエッフェル塔か凱旋門が目の前



途中で友達にmatya、これが普通のParisの人って思わないよーにwって言われた
いや、普通に思いかけたし
Parisの人すごーーーって(笑)


いい経験させてもらったわ~~(#^.^#)






それから初自転車で市内をぐるぐるまわってみた
友達がナビゲートしてくれたんやけどその友達の速さったらなかったわ~w
10代から乗ってるんだ!
とか言って車の間とかを普通にぶっ飛ばして行くんやもん
私もこわごわやってみたけど、普通にクラクションめっちゃ鳴らされたから止めた
弱い子matyaです(T∇T)アハハ

てか友達強すぎw







つづく

2017年12月16日土曜日

イラスト


インスタのマイストーリーにポストしたイラストから一人女子追加


一人より二人ってね♡♡





ちなみにマイストーリーにポストしたイラストはこちら

クリスマスも意識して赤と緑でw










2017年12月15日金曜日

ランコーデ

この間のランニングコーデ
寒くなってきたからレッグウォーマーを投入!
これ温かくて意外と冬場は使えます

あとオシャレに見えるしね~

レッグウォーマーを使うと上下のウェアとのバランスもとりやすいからオススメ



トップス:adidas by Stella McCartney
レギンス:C3fit
レッグウォーマー:adidas by Stella McCartney
シューズ:NIKE



実はキャップを被ったバージョンもあるけど
キャップはないほうがオシャレ感があるね





この日は友達と中目黒を7.1km、5.38/km



みなさま、素敵な夜を~

2017年12月11日月曜日

Bali 3


インドネシア諸島のひとつ”Lombok(ロンボク)島”

今年はBaliとLombokに行ってきました


去年も行こうとしたけど飛行機のチケットが取れなくて諦めた
今年は絶対に行きたくて前もってチケットを取って行ってきたよ!
(なぜ去年にチケットが取れなかったかというと取ろうとしたのは出発の前日だったからw)


Baliのデンパサール空港から国内線 約20分のフライトで着く美しい島 ”Lombok”
飛行機から見える海を見た瞬間、想像以上の美しさに心奪われた

オーシャンブルーってこういうことを言うんやね~




でもね、正直に言うと空港からホテルに行く道中で結構心が痛んだ
なぜかって想像以上に美しいんだけど想像以上に貧しくもあるから

空港からタクシーでホテルに向かっている車窓から見える”別世界”としか言えない風景に
ロンボク島に到着した瞬間からハイテンションだった私は一気にテンションが下がり、、、
車内でもほとんど喋らなくなってしまった


家は葉や木で出来ていて、見た目も家と呼んでいいのかのレベル
子供たちも上半身裸だし靴は当たり前に履いてない
服を着ていてもボロボロ



急に喋らなくなった私を見て友達が


「matya ?大丈夫?・・・もしかしてここの貧しさにびっくりしてる?」

「・・・うん、思いっきり。想像以上なんだけど…」

「心配しなくて大丈夫だよ。matyaが思っているほど現地の人達は不幸ではない。」

「でも服もボロボロだし、家だってすごいよ・・・」

「観光地だから彼らに仕事はあるんだ。食べる物だってあるし、家だってあるだろう。彼らにはこれが普通なんだよ。」

「・・・そうなんだ。。。」


いかに私達が恵まれてるか、仕事もあるし台風を凌げるほどの家だってある

当たり前のことに感謝することは忘れがちだけど小さなことでも感謝していかなきゃなと改めて

東京にいるとほんと忘れちゃう・・・

心改めないとなーと強く思いました







出だしから暗くなってしまったけど
Lombokが美しい島であるのには変わりはなく、オーシャンブルーと手付かずの自然に囲まれている


来年も来たい?って聞かれたら答えはもちろん ” Yes!! ”








これはブレスレットを売っている4歳ぐらいの子から買ったもの
4歳という年齢で働いているにも関わらず、人懐っこくてずっと私達グループについて来た子

彼女の
「どこから来たの?」
の質問に

「日本だよ。東京」
って答えると

「トッキョ!トッキョ!」
とずっと私に向かって言ってきた(笑)








自然が好きでゆっくり過ごしたいならLombokは本当にオススメ
あ、でもご飯だけはあまり素晴らしいものがないかも・・・
FourSquare(日本の食べログみたいなやつ)が全く反応しなかった(笑)





ちなみにこれが現地のレストランで食べた見たことない魚(笑)
食欲失せそうな見た目だから絶対に私は食べたくなかったのに他のみんながこの魚がいい!と…(涙)
オジサンに焼いてもらい食べました

味は・・・うーーん、、、


だったけど、これも経験!経験!




一緒にバケーションを過ごしたVincent(左)とmorgane(右)





約12日間と素敵な経験をさせてもらいました!
友達にもBaliにも心から感謝!

旅って素晴らしい♡♡





2017年12月10日日曜日

Bali 2


去年にBaliで溺れてから海に対して多少の恐怖感があったんだけど
今年の7月に参加したトライアスロンで見事払拭!


にしても滞在中の海は波が高すぎて結局サーフィン1回しかできなかったんだけど
それでもサーフィン2回目にして今回もボードに立てて10mほど波に乗れた!(感動!)


友達に教えてもらったのは最初の5分くらいで、あとは2時間ずっとひとりで練習してた


サーフィンって楽しそうに見えるけど、実際に波にのまれたらマジで死ぬんじゃないかってくらい
息が出来なくて波にもまれて、ひーひー言いながら毎回海から顔を出す(笑)

2時間ひとりでそれの繰り返しw





今回は途中で足も切ってしまって、血だらけになったから、
”あー、もう無理!サーフィン止めたっ!”
ってひとりでプンプンしながらビーチにしばらく座ってたんだけど



私がビーチにいる間、10歳くらいの男の子も一人で練習していて、
何度も何度も波にのまれるんだけど、自分が波に乗れるまでずっと挑戦し続けていた 
結局最後のほうは、見事波をつかまえて大人が失敗しまくってボードごとひっくり返っている横を
すーーーってボードに乗りながら通り越していったの

それを見て普通に”かっこいい!”って思ったよ


10歳の子の背中を見て育つ大人w




私も足ケガしたくらいで諦めちゃだめだよね
ってことで再度挑戦したんだよね

そしたら見事に私も乗れた



いやーあの男の子がいなかったら普通に諦めてたかも
同じくビーチで横に座っていた中国人の女の子(多分私と同じ状況でビーチに座っていたと思われるw)にも拍手もらったんだ

その時の嬉しさったら



諦めたらほんと全部終わりだなぁと改めて実感
仕事だって恋だって夢だって

きっと全部そうなんだなって強く思いました
(っていきなりここで人生論w)


小さなことだけどそんなことにも気付かせてくれたBali
今回も最高の旅でした

Baliに行ったら観光地を訪れるのももちろんオススメだけど
普段しないことにも是非チャレンジして欲しい




あ、あとは今年に初めて行ったロンボク島について書くね

ってこれいつのブログやねんw